美容外科の求人とサポートについて

周囲の期待に応えるプレッシャーを感じていたことから、医学部に進学することにしました。両親や祖父母は、私が医師として活躍することをかなり期待していたのです。
期待されていることを知った時は、かなりプレッシャーを感じていました。しかし、ネガティブに考えずに、ポジティブに考えるようにしたのです。期待されているということは、両親や祖父母に応援してもらっていることと同じであると考えるようにしました。
そのように考え始めると、医学部での辛い時間も乗り切れるようになりました。辛い時間が続いていた理由は、あまり友達がいなかったからです。友達がいなかったので、遊びに行く相手もあまりいませんでした。友達がいないために一人で過ごす時間がとても多かったです。

 

一人でいる時間は嫌いではないのですが、あまりにも一人の時間が多かったので、寂しく感じることもありました。そのような時には、両親や祖父母の期待を思い出すようにしていました。両親や祖父母の期待を裏切らないようにするためにも、私はしっかりと学習する必要がありました。苦手な実習もしっかりと取り組むことで、無事に終えられた気がします。

 

就職先は、美容外科にしました。というのは、美容整形をする医師になりたかったからです。

 

美容外科

美容外科クリニックのコールセンター求人に応募してオペレーターに

昔は、IT企業でテクニカルサポートの仕事をしていました。しばらく介護のために仕事を離れていましたが、介護の必要がなくなったため、再びテクニカルサポートの仕事に戻ろうと考えていました。ちょうどその頃、友人も転職活動を行っていて、美容外科クリニックでのコールセンター求人について教えてくれたのです。私の場合、これまでのキャリアがあるので有利だと言われました。ずっとIT業界で働いていたので分野が違う世界も面白そうだなと思って応募することにしました。
私が応募した美容外科クリニックは、美容業界でも有名な大手のクリニックで、企業としての安定感も魅力でした。 

久しぶりの面接で緊張しましたが、無事に入社が決まり、研修に入りました。IT企業でも日々新しいことを覚える必要がありましたが、美容外科の世界でも同じでした。かなり覚えることがあり、学生時代に戻ったように勉強の日々を過ごしました。
 

美容外科クリニックでは、注射の種類も多く、保湿力の高さで有名なヒアルロン酸でも数種類あります。種類と効果、施術内容など、研修中に多くのことを頭に叩き込みました。研修期間は3か月くらいでしたが、私の場合IT企業でのサポート経験があったため、早く研修が終わりました。長い人だと半年近くかかることもあるのです。美容業界は初めての経験ですが、コールセンターには、美容業界とは全く畑が違う分野から転職してくる女性も少なくありません。研修が思ったよりもしっかりしているので最初は驚きましたが、未経験者もいるので、徹底した教育が必要なのだと納得しました。美容業界に入ると話したときに、女性ばかりの職場だから大変だと周りから心配されました。しかし、私が入った美容外科クリニックは、上品なイメージなのですが中身はアットホームな会社だったので、すぐに溶け込むことができました。先輩が良かったというのも大きかったです。忙しくても部下の面倒をみてくれて、わからないことがあれば何でもすぐに教えてくれたので、とても感謝しています。
 

私は、長年ドラッグストアでチープコスメと言われている化粧品を購入して使っていましたが、現在は勤めている美容外科クリニックが出しているスキンケア製品を使っています。スキンケア製品の相談も来るので、実際同じスキンケア製品を使っていると、オペレーターとして顧客の相談に乗る場合に役立つのです。実際にその商品を使っていると、説明もよりスムーズにできます。
ピーリングやリフトアップなどの施術も経験したので、施術の流れや施術内容がスラスラと言えるようになりました。
 

コールセンターには、美容の悩みを相談してくる女性も少なくありません。そのような場合は、真摯に対応することを心がけています。
会社の窓口となるコールセンターの仕事は責任が大きいです。ベテランの先輩の仕事ぶりを見ていると、知識の豊富さに驚かされます。
コールセンターでは、想定外の質問などを受けることも多いので、日々勉強です。常に落ち着いて的確な対応ができるようになることが目標です。コールセンターのオペレーターにとって声が唯一のコミュニケーション手段なので、相手が聞き取りやすいように丁寧に話すようにしています。
専用のノートを用意して、気が付いたことがあればすぐに書き留めておきます。そして、後で読み返してみて調べる必要があれば調べて書き込んでおきます。毎日、どんどん知識が増えていき、知識が増えるほどオペレーターとして働きやすくなっています。
入社した頃は、質問されて答えられず先輩に助けてもらうことが多かったのですが、最近はそのようなこともなくなり、自分だけで対応できるようになっています。